出張疲れがさらに増す

私は、渋谷在住の33歳サラリーマンです。出張は配偶者のいる方にとっては一息入れられる自由時間でもあります。ゆっくりと大浴場で足を伸ばしてお風呂に入り、その地方の名産品に舌鼓を打った後はデリヘルを部屋に呼んでその地の女に舌鼓を打つというのが贅沢な時間の使い方でしょう。いわゆるリフレッシュというやつですね。しかし地方の嬢は方言を話すので可愛らしいという思いもするものの、リピーターを確保しようという気持ちもないのでサービスが概しておざなりなことが多く、あまり満足できないということが十二分にあり得ます。そんな嬢に当たってしまったときには出張疲れが取れるどころがますます増えてしまうように思えるのです。またどこまで嬢を責めてもよいのか、その地方ごとに基準も変わります。確かな基準はなく個々人で違うのはもちろんのことですが、それにしても大きく地方によって対応が変わる部分があります。地元ではここまでしても怒られないなというところが逆鱗に触れるなんてことがあります。特に性器への指入れは地方ごとにその捉え方が大きく異なるようなので、余計に注意するべきところですね。もし地方に行くならば事前にその町ごとの特徴はインターネットで下調べしておくべきな時代なのかもしれませんね。

関連記事

ページ上部へ戻る