名古屋と千葉の性感エステの使い分け

ぶっちゃけコスプレ系の箱ヘルが好きなのですが、けれども自分が今住んでいる池袋ですと、なんとなく人の目を気にして、性感エステ街には行けないわけです。しかし地方ならば行くことができるわけですよ。なぜなら、知り合いに会う確率が低いですから。それに見た目は若々しいとは言っても、30代後半にも差し掛かっているおっちゃんが、女子高生コスの性感エステ店を好んでいたら、もしも僕が万が一にでも事件に巻き込まれてしまった場合に、このような性感エステ通いがバレてしまったら、完全にもう変態扱いされてしまうでしょう。世間には公表されないとはいえ、親族や仕事仲間にはバレる可能性はあるじゃないですか。だからこそ、地方に性感エステ遠征に行くのです。そして、その際の候補地のひとつは、千葉と名古屋です。しかし、千葉の性感エステを利用する際はデリヘルで、いたってノーマルなお店を利用しています。けれども、新幹線の距離の名古屋の方では、好きな性感エステ店を利用しているわけなのです。それはもう、女装(自分が)であったり、女の子がセーラー服を着て僕に手コキをしてくれるタイプの性感エステから目白押し状態です。事件が起きればこれらの性感エステ通いもバレてしまうのかも知れませんが、しかし生活圏から離れていることで、自分の中でも安心感が生まれるのです。ですから性感エステ遠征はやめられません。地元の池袋での探索も楽しいですけどね。

関連記事

ページ上部へ戻る