方言がたまらない

出張が多い私はその地域ごとに話される方言に対して強い愛着を持っています。普段聴き慣れている言葉でない言葉を話す女の子はやはりどことなく雰囲気が可愛く見えて、コンビニの店員にでも惚れそうになります。地方でデリヘルを頼むと特にその雰囲気に騙されます。たとえ同じようなクオリティをいつも住んでいる都心部のデリヘルで呼ばれた時にはハズレと思うクオリティでも、地方ならばなぜか満足できるのです。その理由の大きなところはやはり方言の有無でしょう。私は特に方言の代表格、関西弁の女の子が好きで、大阪や京都にある取引先に行く時には真っ先に手をあげるくらいです。やはり関西弁の女の子はデリヘル嬢の中でもどちらかというとSの気のある女の子が多く、責められるのが好きという私の好みとも合致します。さらにはその責めが関西弁で行われるわけですから結構興奮度は高まります。プレイ前のトークタイムでも関西弁でトークされるとどことなく雰囲気は和らぎますし、そこから緊張が解けて楽しいひと時が始まります。近年は地方に出向いても関東出身の子が増えてきていますが、関西圏だけはまだまだ地元出身の在籍が多いのでハズレを掴みにくいというのも良いところですね。

関連記事