巨漢の女性に生出し。

以前は性感エステが好きで、出張すると必ず新宿を偵察していました。これは群馬県のある性感エステ店に行った時の話です。そのとき勤務していた会社の社長と二人で出張となり、酒を飲み、いい雰囲気に。社長から「性感エステに行くぞ」と声をかけられ、お店を探すことになりました。お店の人に教えてもらい、その店にタクシーで直行。着いた店は繁華街にある飲んだ後は必ず処理をしたくなるようなネオン看板の目立ったお店でした。中に入ると強制的に通路にあった椅子に座らされ、待つことに。10分ほどしてから2人同時に呼ばれ部屋へ。部屋に入り5分ほどすると女性が入ってきました。その女性は巨漢の女性でゆうに60キロはあるような体型。当然、おっぱいもお尻も大きく、お腹も出ていました。話をすると少し感じの悪い女性。少しあたまにきた部分もありましたが、取り合えずサービス開始。以外にテクニックは上手で、だんだんと気持ちよくなっていきました。すると、酔いもあったせいか記憶も曖昧に。女性がゴムをかぶせようとした瞬間、それを遮り、生のまま入れてしまいました。女性は少し抵抗するものの、そのまま中に。出した瞬間、女性は抵抗もなく受け入れた感じ。ティッシュで拭き取りながら、女性は少し後悔はしていたものの満足した感じでした。

関連記事