五反田の地方デリヘルで時間をあましてコキコキ

旅行先の性感エステ店で、手コキのみならず、足コキに目覚めたことがあります。もともと、性感エステ利用を目的とした旅行ではあったので、だからこそデリヘルでロングプレイをお願いしました。けれども、東京や名古屋、それに大阪などではないいわゆる田舎の方のデリヘルともなりますと、あまりバリエーションがないわけです。それは何度も性感エステを利用している今となってはわかるのですが、しかし当時はあまりわからずに、「時間がもったいない!」という状態にはなってしまっていましたね。しかし、嬢は義務にも感じるのか、ずっとたたせていてくれるわけです。むしろ、いじっておかなければいけないというお店のルールでもあるかのように、ずっと握ったり触ったりしてくれているのですよね。だからこそ、いろいろなコキ方への挑戦となるのです。たとえば、シーツをかぶせてこすってみたり、足にストッキングを履いてもらってこすってみたり、指を駆使してこすってみたりと、なんだかもうこすってこすってどうしようもない状態でしたね。ですから、ロングプレイをお願いして、中盤はちょっと後悔しかけましたけれど、しかしコキコキにハマってからは、時間が足りなくも感じていましたね。まあ五反田だからはじけられるのかも知れませんが。

関連記事