地元にはない性感エステを体験してきました。

東京の池袋に観光旅行に行ったときの話です。私と友人含め3人で旅行に行ったのですが、なにせ男3人という寂しい旅行にさすがに某テーマパークに行く勇気も湧かずにいました。おかげで食をメインとした観光が始まり池袋の名物を散々食べ歩いたのです。当然お腹も満腹になり友人らと次のスケジュールについて会議を開いていると1人は東京のパチンコを経験したいと言い出し、もう1人はソープに行きたいと言い出したのです。両者の気持ちは分かるのですが両者の共通点はお金が掛かることでした。そこで私が提案を出したのです。私たちの地元にはないオナクラに行ってみないかという提案でした。東京には様々な性感エステがありますが地方の性性感エステの中には細かいジャンルの性感エステが整備されていないというところもあるのです。オナクラならば性感エステの中でも比較的割安で気持ちよくなれますし、私たち3人の共通点はM気質なので見られるというプレイに憧れがあったのです。私が代表して電話をかけて指定されたレンタルルームに入っていきソワソワした気分になり、久しぶりの緊張感を味わえました。東京の女の子はやはりレベルが違い過ぎるのかアイドルにいてもおかしくないレベルの子が部屋に入ってきて私の下半身はシャキーンと伸びきってしまい恥ずかしながら数分で空っぽになりました。友人は料金があまりにも安かったのでオプションを2つ追加して、こちらもチンコの中は空っぽになりました。池袋の実力恐るべし。

関連記事

ページ上部へ戻る