横浜で出会った彼女の水着姿が可愛くて

仕事上の大きな案件を試行錯誤の上、何とか達成する事が出来た私は、自分への御褒美にと3泊の予定で沖縄にやって来たのです。一度行ってみたかった横浜に着いた私は、早速ホテルで水着に着替えると近くの海岸へ一目散に走って泳いだのです。綺麗な青い海に白い砂浜の沖縄での休暇は最高の気分でしたが、流石に一人でいるのも寂しくなってしまったので、近くの女の子に声を掛けてみようと思ったのです。何人かの気になる女の子に声を掛けてみましたが、自分の技術が未熟なのか、なかなか一緒に遊んではくれなかったのです。そのまま夕方になり、西の空に太陽が飲み込まれてしまう頃、流石にくたびれた私は、ホテルのベットで休憩を取りながら昼間の悔しさもあって、それなら性感エステで遊ぼうと言う事に決めたのです。そこで私は、ネットでデリヘルを探し、好みの女の子を見つけると、その子を呼び出し、ホテルの部屋に来るまでの間、私は近くのスポーツ用品店に行ってある物を買って来たのです。待っていた女の子が来たのは、買い物から帰って10分位してからだったのです。お互いに軽く挨拶を交わした後、一緒にお風呂に入る事になったのです。私の部屋にはテラスにジャグジーが有ったので、彼女はそこに入ろうと言ったから、私は先ほどスポーツ用品店で買って来たセクシーなビキニの水着を見せ、これに着替えて欲しいとお願いをしたのです。すぐに、彼女はOKをしてくれて、一緒にジャグジーに入ったのですが、ビキニ姿のカワイイ彼女の姿がとてもたまらなくて、初めて会ったにも関わらず、夢中になって水着をずらしたりしながら彼女の胸や下半身を心行くまで触り放題に触って、私は仕事のストレスと昼間のリベンジを果たしたのです。

関連記事