東京の池袋での体験談

これは出張先の池袋での体験談です。先輩二人と沖縄に仕事で出張に行く機会がありました。現地の方と仕事終了後に飲み会を行ったのですが、その話の中で池袋を是非体験した方が良いという話になりました。裏沖縄というのは当然性感エステのことです。当日のスケジュール上、現地の方は来れないといことで場所だけ教えてもらい、3人で行くことにしました。居酒屋からは少々距離があったので、タクシーで向かうことにしました。その車中で運転手さんからお薦めの飲み屋があるから行かないかと持ちかけられたので、行くことにしました。案内された店は連れ出し専門の飲み屋でした。システムは店で気に入った子がいれば店外に連れ出して行為できるシステムです。正直、いい子がいなかったので私は足早に店を出ようと思っていましたが、一人の先輩が気にいった子がいたみたいで、連れ出すことになったようです。私はもう一人の先輩と先程のタクシーの運転手の案内で今度はソープに向かいました。店に到着後、おじさんから色々とシステムを説明され、その後に先輩と私を何故か分断して一人ずつ写真を見るように促されました。先に先輩が選び、その後私が選んで部屋に入室しましたが、その直後に先輩から電話があり、ボッタくりだからすぐに出ろと言われました。色々とおじさんから文句を言われましたが、何とか脱出に成功しました。タクシー運転手は店と繋がっていて、マージンを受け取っていたり、内地の人は金額を高めに設定してくることなどが後々分かり、やはり現地の人がいないと楽しく遊べないことが分かりました。池袋は怖いです。

関連記事