地方出身者にとって東京の五反田は凄いの一言

旅行に行ってくると言うと大抵の人は誰と何処に行くのと聞かれるので私は誰にも言わずに旅に出るようにしています。どうして私が誰にも告げずに旅に出るのかと言いますと旅の目的が人には知られたくないからなのです。その目的とは性感エステに行くことです。笑われるかもしれませんが私は10年以上も彼女がいなくて当然女性遊びもしていないのです。そんな私にとって性感エステという場所はオアシスでしかないのです。昨年も連休が取れた日は必ず県外に出て性感エステ旅行をしてきたのです。その中でも東京五反田の性感エステは信じられないほど群を抜いていました。東京への旅行となると交通費もかかるので今までは少し避けていて遠い存在でもあったのです。ですがボーナスの良さが私の心を突き動かしてくれてとうとう憧れの五反田性感エステを楽しむことができたのです。性感エステ旅行と行っても性欲を満たす前には精を付けないといけないので東京名物を幾つか食べて行きました。もんじゃ焼きやテレビで取り上げられていたラーメンをはしごしてソープランドへ臨んだのです。私にとって東京の大衆ソープは高級ソープにしか見えませんでした。東京の街を歩いている女性の皆さんもモデルさんみたいなスタイルやファッションの人が多かったので日本の首都には美人が集まるのだなという印象です。ソープ嬢は顔、スタイル、胸の大きさ等欠点を探すのが難しいほどで東京に住んでいる男性は羨ましいなと思っています。地元に帰っても五反田のソープ嬢のことが忘れられずに悶々としています。

関連記事