錦糸町の性感エステ・ソープの後で、彼女と食事デート

一人旅で錦糸町に宿泊した時のこと、錦糸町の盛り場でソープ嬢と堪能して・・、 この地は東京最大のソープ街としても有名であり、今ではデリヘルなどの多種に亘って性性感エステを展開しているようです。 さて先般行ったのは錦糸町の性感エステは、○○巨乳クラブというソープでした。小生の紹介された女性は、年齢は25から30前後の人妻という感じで、それをチョット手入をしたような女でした。身体の線は、とってもエロボディタイプの巨乳美人であり、笑うとエクボが可愛く、裸線を見ただけで、おそらく奮い立たない男性はいないでしょう。金四長特有の日焼けしたピチピチ胸と、丸く引き締まったヒップラインから伸びる斜面に描き括れたウエストは、巨乳に合わせて観るからに絵画の中の官能的美人を見るようだ。小生のチンコは既にガチガチで、それは早速のフェラ責められる吃驚する。我慢しているムスコを、更に、お口で奉仕しながら、次に優しくゴムを付けて呉れました。さすがに男の潮時を心得ているようで、言われたのは、「前からがいい、れとも後ろから・・?、」、「そうね、可愛い唇とキスしながらだから、前がいいよ」ローションを塗りながら、「ソロソロ、挿れてもいいわよ」と囁く。可愛く言ってくれた為、ギンギンになっているムスコは、言うなりになって、ソーッと差し込む。女は、軽く鼻息を漏らす。やんわり上下を繰り返すうちに限界が来て、激しく動作を繰り返すうちに、小生も女も同時に果てたのでした。 やはり、内部に挿入しながら男が果てるというのは、良い感触でした。 一戦の後、彼女「お腹空かない、あたしこの後フリーだから、何かご馳走して、安くて面白いところ案内してあげる」と軽く言うのです。錦糸町の美人とデート出来るのだから言うこと無い。 彼女に案内して貰ったのは、錦糸町の和食・琉球レストランで琉球音楽の生バンドが聞けるとこだったのです。 沖縄のオリオンビールとチャンプルー料理を戴きながら、琉球の生バンを聞きながら、沖縄美人を脇に置きながらの食事会は最高でした。

関連記事